よくあるご質問
HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

リフォームについての疑問や不安にお答えします

どこまでが無料ですか?

お問合せ、ご相談、現地調査、概算見積書の提出は無料となります。
広告宣伝費やショールームを持つことでかかってしまう経費は、実はお客様に頂く施工費に含まれてしまいます。私たちは経費を最小限にし、ご依頼を頂いたお客様の負担を最小限に抑え、少しでも良い生活空間をご提供できるようにと考えています。

はじめてのリフォームでどうしたらいいのか、わかりません

住宅のリフォームは、初めて経験される方がほとんどではないでしょうか。
「こんな事をしてみたいけど、できるの?」、「費用はいくら位かかってしまうの?」など、不安な事や、心配な事がいっぱいです。どんな、ご相談でも構いません、私達がお客様の立場に立って、アドバイスさせて頂きます。お気軽にご相談下さい。

リフォームでどんな事ができますか?

畳の表替え、クロスの貼替え、設備機器の交換、間取りの変更、増改築や耐震、断熱といった住宅の基本性能を高める工事まで承ります。日頃、不満に感じている事を解消する為の、ちょっとした工事でも遠慮なくご相談下さい。

マンションリフォームのポイントを教えて下さい

マンションには共用部と専有部があります。
共用部とは主に、躯体、玄関ドアやサッシ、バルコニー等、お客様が勝手にリフォームを行う事が出来ない部位です。
専有部とは、各住戸の壁、床などコンクリートで区画された内側の居住空間をいいます。
マンションリフォームでは、各マンションの管理規約に基づき工事を行う必要があります。防音仕様につて規定がある場合は、その規約に従い工事を行います。設備機器の配置等については、構造面や設備面での制約があります。近隣との関係も含め、現地調査をきちんと行った上で、可能なプランを提案します。管理規約は絶対的なものではなく、住民や管理会社が定めた、ひとつのルールのようなものです。時代の流れにより実情に沿わなくなった規約等に関しては、居住者同士の話し合いで変えていく事もできるものです。不明な箇所等は管理組合に相談されるとよいでしょう。

建替えとリフォームのメリットは何ですか?

建替えのメリットは、既存の建物の構造に制約される事なく自由に設計する事が出来ます。状況により、現在の建築基準法で建替えを行うと、現在の家よりも小さくなる場合があります。
リフォームのメリットは、思い出や現状のよさを残しながら行えるという事です。費用と工事期間は建替えのほうが掛かりますが、現状の構造等に問題がある場合、リフォームでも立替えと同じ位、費用が掛かる場合があります。
どちらを選ぶかは、お客様次第ですが、現状の耐震性、建築基準法、予算、今のお住まいへ愛着等を考慮の上、選択されるとよいでしょう。

リフォームするタイミングはいつですか?

住まいが年齢を重ねれば、設備機器の寿命や機能の低下は避けることができません。傷みが激しくなってからでは、大掛かりな工事が必要なり、早めの対処が結果的には経済的となる場合もあります。使用頻度高い、水廻り機器はどうしても傷みがちです。それと家族構成が変化すれば、今までの間取りでは暮らしにくくなってきます。リフォームのタイミングを見極めて、暮らし方に合わせて住まいを見直すとよいでしょう。上記内容をうまく組み合わせリフォームする事をおすすめします。

■おおまかな目安とチェック項目

  • ・外部の塗装(木部、鉄部)5から7年塗装の剥がれ、錆
  • ・壁紙の貼替7年から10年汚れ、剥がれ
  • ・給湯器、加熱機器10年故障の頻度
  • ・屋根、外壁塗装10年から15年色あせ、ひび割れ
  • ・キッチン、浴室、洗面台15年から18年水漏れ、破損
  • ・設備配管20年前後詰まり、水漏れ

現地調査は何をするのですか?

実際にリフォームを行う現場の調査を行い、間取りの確認や採寸を行います。
必要に応じて、お客様に了解を頂き現場の写真を撮らせてもらう場合があります。

間取り図は必要ですか?

設計図書や間取り図等があれば、打ち合わせ時間等も短縮ができます。
図面がなくても、打ち合わせは出来ますのでご安心下さい。

どうしたら要望とイメージを正確に伝えられますか?

キッチンを変えたい、間取りを変えたいと結論を伝えるだけではなく、どうしてこの工事を行いたいのか、何が不満なのかを聞かせて頂いた方が、よりトータル的に提案しやすくなります。言葉で説明が難しい場合等は、雑誌の切り抜きや、写真を見せてもらってイメージを掴む事も出来ます。また、好きなホテルやショップの話題からもイメージをつかむ事もあります。
リフォーム後に設置予定の家具等がある場合には、早い段階でご相談下さい。

どんなメーカーの商品でも対応出来ますか?

取扱いメーカーの限定はありませんが、品質維持等が困難と判断した場合取扱いできない商品もあります。

商品の確認はできますか?

各メーカーのショールーム等で選定している商品を確認頂きます。特にキッチンや浴室等は必ず、確認した方がよいでしょう。またサンプル等で、色や質感を確認頂く場合もあります。

見積書の見方がわかりません

見積書は総額だけではなく、要望した内容が反映されているかに注目しましょう。不明な事は、納得のいくまで説明を聞きましょう。口頭だけではなく、きちんと見積書に記載されているか、図面に表記があるか等も確認するとよいでしょう。失敗しない為には、事前によく打ち合わせを行う事が大切です。

工事の騒音が気になるのですが?

騒音への配慮も欠かせません。当社で近隣挨拶をさせて頂きますが、工事内容、長期間に及ぶ工事の場合等は、お客様側でも挨拶をされる方がよろしいでしょう。養生をしても、どうしても音は発生します。工事には近隣の方の協力も必要となりますので、ご理解下さい。

住みながらの工事は可能ですか?

内装工事であれば、部屋毎の工事も可能です。またキッチン、浴室等を交換する場合でも住みながらの工事は可能です。但し、設備機器が使用できない期間があります。工事内容によってより、設備機器の使えない期間や、音、ホコリ等の問題を考慮して、仮住まいをお勧めする場合があります。住みながらの工事の場合、仮住まい費用や引越し費用が掛からない反面、家具移動や工事場所の制限等の関係で、工事期間が長引きがちです。

荷物があっても工事は出来ますか?

ある程度は大丈夫ですが、荷物を移動しながらの工事の場合、工期が延びて割高になる場合もあります。また貴重品や割れ物等の扱いは、お客様にお願いする場合があります。
荷物が多い場合は、トランクルール等の利用を検討されるとよいでしょう。

工事中、出掛けたいのですが、どうしたらよいでしょうか?

お出かけの際に、工事担当者に帰宅時間を伝えてもらえれば、大丈夫です。
また、日中不在の場合でも、工事担当者が鍵をお預かりして、責任を持って管理致します。

職人さんにお茶菓子は用意した方がいいですか?

お茶菓子の用意は必要ありません。
職人とのコミュニケーションの機会として、用意して下さるお客様もいらっしゃいますが、基本的には、遠慮させて頂いております。

工事中に工事内容を変更できますか?

工事が進み、お客様の要望の追加が出る場合もございます。
そのような場合は、早めにご相談下さい。

工事期間はどれ位ですか?

工事期間は、リフォームの内容や建物の状況により異なってくる為、一概には言えません。マンションの場合で目安を言うなら、内装工事で7日から10日、ユニットバス交換で2日から3日、システムキッチン交換で3日から4日、内装工事+水廻り交換で1ヶ月、内装工事+水廻り交換+間取り変更の場合で2ヶ月位です。戸建等で大規模な工事の場合、工事の職種が多いと長期間掛かる場合もあります。また、いつまでに工事を完了させたい等の希望がありましたら、それをもとに逆算し、工事完了迄のスケジュールを立てさせて頂きます。