リフォームメニュー
HOME > リフォームメニュー > 照明

照明器具について

光の色による心理効果

人間は日中の白い光(太陽のような光)では活動的になり、オレンジ色の光(夕陽のような光)の中では安らぎを感じると言われています。

昼白色

昼白色

昼白色の白い光にすると、クールでさわやかな雰囲気になります。モノトーンの空間を美しくみせる光のため、インテリアが無彩色中心の場合におすすめです。

塗装の塗替え時期について

電球色

電球色のオレンジ色の光にすると、温かみのある落ち着いた雰囲気になります。
リビングをくつろぎの場にしたい方におすすめの光です。

一般的に、人は立っている時は座っている時より緊張感が高く、椅子に座っている時より床に座っている時、さらに寝転んだ時の方が緊張感から解き放たれていると言われています。
それと同じように、緊張感の伴なう行為の場合は、光の位置や明るさの重心が高い方が適していて、ゆったりとしたい気分の時は光の位置や照らされる明るさの重心を低くする必要があります。
天井についた照明より、テーブル面まで近づけて吊られたペンダントの方が安らいだ感じになり、フロアスタンドも背の高いものより床に近づいたものの方がリラックス度の増した雰囲気になります。
このように、どのように生活したいか目的によって光を使い分けることが重要です。
照明選びのポイントは、光を選ぶという事です。この場所にこんな光があったらいいなという具合に、器具のデザインからではなく光から考えることをおすすめしたいと思います。