リフォームメニュー
HOME > リフォームメニュー > 家具

家具について

家具には大きく分けて、『造作家具』『システム家具』『置き家具』と3つのスタイルがあり、どこにどれを選ぶかによって、使い勝手もイメージも変わります。もちろん掛かる費用も大きく違ってきます。
下記の3つのスタイルを目的や予算によって上手に使い分ける事がポイントとなります。

1 造作家具

『造作家具』とは、一般に部屋の形や使い勝手に合わせてオーダーメイドで製作してもらう家具です。
デザインもサイズも自由自在ですし、収納するもの、使いたい形にあわせて作ることができますので、その分収納力も高く、ムダの無い収納計画ができます。
狭い部屋なら奥行きを薄く、変形の部屋でも壁から壁までぴったりとスキマ無く納める事ができるなど、今の家の形に合わせる事ができます。

2 システム家具

『システム家具』とは、一般に既製品のパーツを組んで設置する家具の事です。
自分で組み立てる製品と、職人さんに組み立ててもらうタイプが有り、建材メーカー、家具メーカーなどで販売されています。
各パーツには色々な色柄やサイズ、機能が組み込まれたものが取り揃えてありますので、家のサイズや用途に合わせて様々なパターンで組み合わせる事ができます。
また家具と共に、ドア・窓枠・巾木等も同じ色柄で揃えることができるような商品もあり、手軽に家中をトータルコーディネートすることができます。

システム家具1
システム家具2
システム家具3

手ごろな値段の化粧合板仕上げから鏡面仕上げのような高級品まで色々揃っていますが、バリエーションはある程度限られてきますので、その中に自分の好みのタイプが有るか、家のサイズと合うかがポイントです。

3 置き家具

家具屋さんで既製品の家具を購入して家の中に置くものを、一般に『置き家具』と呼んでいます。
『置き家具』は収納力を期待するというより、インテリアとしての役割を担うものと言えるでしょう。
確かに『造作家具』や『システム家具』に比べ収納力は劣る場合もあるのですが、部屋の雰囲気を盛り上げるインテリアとして大きな存在感を発揮します。
そして何より簡単に移動できること。模様替えも気軽にできますし、生活スタイルが変わった時に柔軟に対応しやすいという長所があります。